婚約をする

ベンチに座るカップル

婚約指輪を実生活ではそのままなんとなくであったり、かなり凝ったサプライズの人までいます。海外の映画やドラマでは必ず男が片膝をついてプロポーズのシーンのイメージが強い人もいるでしょう。二人の愛情の現れ方の数ほど婚約指輪を渡すシチュエーションは存在しますが、その歴史は古代ローマですでに確認されています。そのはじまりは鉄製の輪であったりします。2世紀頃のローマからは裕福層で金を使用しています。ダイヤモンドの使用は3世紀頃にはじまり15世紀には永遠の誓いとしてダイヤモンドの指輪が使われるようになりました。一般人が持てるようになるには19世紀になり日本では結納品にあたり1960代頃になります。それらの時期から婚約指輪として1970年頃でテレビCMによって拡大しました。それらの変遷を経てダイヤモンドの婚約指輪としてあたりまえとなっていきました。

時代によって、結婚の方法や組み合わせに特徴があります。昔は給料の3カ月分というキャッチフレーズとともに記憶されていましたが、近年は格差社会や携帯電話スマートフォン、デジタル放送によって、その購入方法や意識は婚約指輪をも変わってきています。変わらず富裕層においては高額な海外ブランドやダイヤモンドが好調になっています。かつては業界的にはバブル期の3兆円にまで達した時期の3分の1に留まるものの、百貨店の高額品販売が好調でダイヤモンド・エンゲージ・リングやマリッジ・リングが上昇拡大傾向にあります。さらに婚約指輪をテレビショッピングやインターネット、スマートフォンでの購入が若い購買層を中心に広がっています。一割以上がスマートフォンというデータが出ています。