実用性を重視

新郎と新婦

一昔前のマタニティドレスといえば実用性だけを重視して、どちらかというとデザイン性はあまりなかったように感じます。オーソドックスなワンピーススタイルが主流で、とてもオシャレを楽しむものではなかった昔ですが、今後の動向はどうなのでしょう。 今現在市販されているマタニティドレスと言えば、非常にオシャレでかつ実用的で、デザインを選ぶ選択肢もあります。 さてこれからの予測としては更にオシャレな現代人に合わせてデザインが豊富になる事は間違いないでしょう。 仕事をしながらマタニティライフを過ごす女性も多いので、TPOに合わせたマタニティドレスなども増えることでしょう。 またマタニティだけにこだわらず、出産後も休日用として室内着として活躍できるデザインもあります。

さて最近はデザイン性に富んでいるマタニティドレスが増えてきましたが、ここで注意点として挙げるのであれば、まず妊娠初期に合わせて購入すると、妊娠後期になると体系の変化で着られなくなる場合があるという事です。 例えば細身のマタニティドレスだとだんだんと窮屈になったり、体に余計な負荷がかかって良くはありません。なのでマタニティドレスを選ぶ際はある程度サイズに余裕を見て購入する方が長く着られます。またお腹周りだけでなく体全体がふっくらしますので、夏場であれば汗を沢山かく方もいるので通気性を考えて購入した方が良いでしょう。 デザインはもちろん重視しても良いですが、長く着られてある程度ゆとりを持たせた方が妊娠後期になっても動きやすいです。